ページTOPへ

ヒートケア60低温ドライヤーの口コミ体験談

ヒートケア60低温ドライヤー通販

【スポンサーリンク】

「ヒートケア60低温ドライヤー」WEB特価キャンペーン!

髪に熱ダメージを与えないよう、髪美人育成プロジェクトが研究・開発した「ヒートケア60低温ドライヤー」!60度の低温設定で、髪ヤケドを防ぎます。現役ヘアモデルも愛用し、雑誌やテレビでも多数紹介されている注目のアイテムで、お客様満足度は「97%」!今ならWEB特価キャンペーン実施中!

「ヒートケア60低温ドライヤー」って?

枝毛でバサバサ、まとまりにくい髪といったトラブルで悩んでいる方も多いと思いますがあなたはどうですか?

 

それは普段使っている高温のヘアドライヤーが原因かもしれません。

 

痛んだ髪は、低温ドライヤーの温風がダメージを与えずしっかり乾かし髪が潤ってきたと、今ネットや口コミで好評なのが「ヒートケア60 低温ドライヤー」です。

 

一般のドライヤーの温風は90℃前後ですが、「ヒートケア60 低温ドライヤー」は60℃という今までにない低い温度で髪を乾かすことが出来ます。

 

また、風量も非常に大きいため、髪が半乾きになる、乾かすのに時間がかかる…などといったデメリットが発生することもなく、髪の毛が喜んでる感が実感出来るドライヤーといえそうです!

 

ヒートケア60 低温ドライヤーの特徴

【熱を分散】
通常120度もあるドライヤーの熱は中心が熱くなりがちですが、低温ドライヤーは熱を分散しながら送り出すので一か所に熱が集中せず熱のロスがないので素早く乾かすことが出来るようです。

 

【サイクロン式吸風】
風を回転しながら送り出すことで、風が乱れにくく、安定した温度を髪に届け、パワフルな風で一気に水分を吹き飛ばすことが期待できます。

 

【1万人以上のアンケートを元にした髪への到達温度】
髪の温度を考えるため1万人以上のアンケートを元に女性の髪を調べた結果、多くが10センチの距離で使用しており、ドライヤー本体が髪に近づくのは使用開始と腕が疲れてくるタイミングで、この距離が低温ドライヤーの最適な温度のようです。

 

「ヒートケア60低温ドライヤー」の体験談

「ヒートケア60低温ドライヤー」が気になり、口コミを調べてみると、

 

・1ヶ月ぐらいこのドライヤーを使ってみましたが、今まで使用してきたドライヤーとの違いを感じることができなかったので、すこし残念でした。

 

・使用感はとても良く、髪がサラサラになったように感じられます。また、以前と比較して、髪の状態は良いです。

 

・以前使用していたドライヤーは、髪がヤケドをしていた状態だったのかもしれません。この低温ドライヤーを使うようになってから、少しずつ髪の状態が良くなってきていることを実感しています。しかし、温度が60℃なのか?と、結構熱く感じました。

 

・毎日髪を乾かすのがたいへんで悩んでいたのですが、このドライヤーは、とても早く乾くのでとても気に入りました。また、乾かした後は、髪がおさまり、しっとりしているのを実感することができました。

 

等、違いを感じることができなかった方もいらっしゃるようでしたが、全体的には良い口コミが多かったので購入することにしました。

 

お得な販売店は?

そこで安くてお得な販売店がどこかを調べてみると、この「ヒートケア60低温ドライヤー」は一般の店舗では市販されてなくて、ネット通販のみでした。

 

ネット通販でも、大手の楽天さんやAmazon(アマゾン)さんでも取り扱いはなくて、公式通販サイトのみです。

 

通常価格24800円(税抜)のところ、アンケートに答えて申し込むと、5000円割引の19800円(税抜)で購入することができます。

 

また送料が540円かかりますので、合計21924円です。

 

そして、30日間の全額返金保証制度がありますので、もしあなたが使用してみて満足できなかった場合は、返金してもらえますので、安心してお試しすることができると思います。

 

髪が傷む理由

ドライヤーで髪を乾かしているとその温風で髪が傷みます。

 

一般的なドライヤーの温風はJIS(日本工業規格)の規格によって吹き出し口から3センチのところで140度以下になるよう定められているそうです。

 

そしてドライヤーの温風が髪の毛に到達するときは、一般的にはなんと『120度』と言われています。

 

120度といえば完全にやけどする熱さです。

 

でも髪の毛には神経が通っていないため高温の風で髪の毛が火傷しても全く気づかないんですね。

 

髪の毛は高温の風で火傷するとどんなに頑張っても元の状態に戻ることはありません。

 

髪の毛を切り新しい髪が生えてくる以外方法はないんですね。

 

つまり家電メーカーの一般的なドライヤーを使っている限り、常に髪の毛が火傷状態であり本来のツヤやコシが失われているということなのです。

 

このやけど状態を解消してくれるが低温ドライヤーというわけです。

 

使ってみた感想

このドライヤーは一般的なドライヤーの約半分の60度の温度で髪の毛を乾かしてくれます。

 

髪の毛が火傷する温度は70度以上と言われていますが、それよりも低い温度の温風で髪の毛を乾かしてくれるので髪の毛の火傷の心配がありません。
低温ドライヤーを使った後の髪は劇的な違いはないものの、指通りの滑らかさに若干の改善が見られました。

 

すでに火傷によって傷んでしまっている髪が全て生まれ変わった後ならもう少し違いを実感できるはず!

 

1回・2回使ったぐらいでは大した変化はありませんが、長期的に使い続けると髪本来の質になっていくでしょう。

 

自分の本来の髪質に出会えるのが楽しみです。

 

.乾きやすい

意外だったのが低温の温風なのに、これまでのドライヤーよりも乾きやすく感じました!

 

商品に同封されている紹介用パンフレットにも『低温なのにスピード乾燥!』という売り文句が記載されていますが、これは本当でした。

 

高温ドライヤーはその温風を1点に当てすぎると頭が熱くなるのでドライヤー本体をフリフリ揺すらなければいけません。

 

そうすると髪を乾かすための風が逃げてしまい効率的に乾かすことができなくなります。

 

でも低温ドライヤーは1点が高温になる心配がないためある程度固定しながらその結果髪の毛全体に均等に温風が広がる仕組みで効率的に風があたり、それによってスピーディーに髪の毛が乾くようです。

 

「60度なのに乾くの?」

 

購入前はこんな心配をしていましたがその点は全く心配無用。

 

大事なのは温度ではなく風のようです。(60度といっても触ってみると結構熱いですよ。)

 

軽くて静か

低温ドライヤーはとにかく軽い!

 

これは一般のドライヤーと劇的に違うところでしょう!

 

男性ならあまり気にならないドライヤーの重さも長時間使う女性にとってはドライヤーの重さは非常に重要なポイントです。

 

「疲れたから逆の手に持ち替えて・・・」

 

なんてことは必要なくなりますよ。

 

また低温ドライヤーは一般的なドライヤーと比較すると『音が静か』です。

 

劇的な音量の違いはないものの浴室で使用しているとその違いは実感できるでしょう。

 

使用結果

低温ドライヤーを使い続けて髪の痛みがましになってきました。

 

●ツヤ
●指通り
●パサパサ感

 

これは髪の火傷を防いでくれる事とマイナスイオンの効果によるものかもしれません。

 

しかし、今の所はまだまだ序章。

 

一般のドライヤーとの違いが明らかになってくるのはもう少し使い続けてからになるような気がします。

 

ただ、現時点で言えることは、

 

「もう少し早く買っておけばよかった・・・」

 

個人的には今年大ヒットの商品です。

 

まとまらない髪の毛のパサつきや痛みに悩んでいる女性のみなさま!

 

高性能ドライヤーを買うならこのヒートケアをお勧めしますよ。

【スポンサーリンク】